ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

SFC修行の皮算用

私はゆる陸マイラーと言いつつも、正確には数ヶ月ごとに台湾出張がある空マイラーでもあります。

空陸両用マイラーとでも言うのでしょうか?

f:id:t-proof-35mm:20160930232302j:plain

 

 

で、今度、初の訪米出張が確定。

あと3ヶ月となった今年中のSFC修行の可能性を皮算用してみました。

結構悩んでます。(^◇^;)

 

SFC修行って何?という方はまずはこちらをご覧ください)

kowagari.hateblo.jp

 

 まず現状。

f:id:t-proof-35mm:20160930232459p:plain

うん、少ないねぇ(笑)

今まではスカイチーム系のチャイナエアラインがメインで、今年前半の訪台(3回)をせめてスターアライアンス系のエバ航空を使っていればもう少し付いてたと思うのですが。

それでもコストカットの為、ANAではなく同じスターアライアンス系のエバ航空を使う(使わされる)ことがほとんどの私にとって、ANAグループ運行分が付与されているのが奇跡です。

 

で、来週の訪米分のプレミアムポイントを試算。チケット種別 H で手配されていました。

f:id:t-proof-35mm:20160930233147p:plain

これの往復を加算すると、、、

  • 総プレミアムポイント 13,770 + 3,591*2 = 20,952
  • ANA利用分は、5,368 + 3591*2 = 12,550-

ホントは米国内で乗継もあるのでもう少しつくとは思いますが、プレミアムポイントの試算が出来なかったので割愛。

訪台は年内にあと2回あると推定、従来通りエバ航空:羽田ー台北松山往復とすると、

  • 総プレミアムポイント 13,770 + 3,591*2 + 1,330*4 = 26,272-
  • ANA利用分は変わらず。5,368 + 3591*2 = 12,550-

f:id:t-proof-35mm:20160930234028p:plain

ブロンズに対して足りないのは、プレミアムポイント 3,728- (ANA利用分2,450-)

プラチナに対して足りないのは、プレミアムポイント 23,728- (ANA利用分12,450-)

 

わかってはいたけど、半分ぐらい足りないんですねー。。。

私にとっては今の所まだまだマイルで飛行機乗りまくりというとこまで行かないので、実質的には年数回の台湾出張時の優先搭乗とANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードの手数料無料があれば事足りるので、ブロンズでも十分とも言えます。

www.surugabank.co.jp

 

とはいえ、普段ANAを使わない私にとってANA利用分として12,550-プレミアムポイントが付く今年はまたとないSFC修行のチャンスとも言えます。(ま、SFCにはデビットカードの手数料無料は含まれませんが)

 

 

そこで、修行を皮算用してみました。

 

[1] 陸路のコストを抑える為、まずは最寄りの静岡空港の利用を考える

静岡空港からのANA便(札幌、沖縄)は以下の通りです。

ANA1263 静岡1315 - 沖縄1540ANA1264 沖縄1320 - 静岡1540

ANA1261 静岡1615 - 札幌1755ANA1262 札幌1025 - 静岡1220

どちらも静岡発が到着する前に、静岡行きが離陸しています。

つまり、同じ飛行機で往復しているのではなく、札幌ー静岡ー沖縄沖縄ー静岡ー札幌で運行していることになります。

静岡発着ではどうあれ現地の1泊が必要になります。

別にもにもにたさんのようなことを狙っているわけではありません。(多分。笑)

monimonita333.hatenablog.com

 

問題は2点。

1泊分の費用が更にかかることと、家族を置いて土日両方を空けるのが困難ということ。

というのも、私のマイラー活動は家族に内緒です、このブログのことも知りません。(笑)

正確に言うとマイルを貯めて家族旅行は行こう!とは言っているので、マイルを貯めることは賛成、というか黙認(笑)されています。

ただ、SFCを取得して得られる席のアップグレードやラウンジに関するメリットを主に享受するのは定常的に飛行機に乗る私です。

上記の家族旅行でしか使わない奥さんにはマイル目当てに土日潰して飛行機に乗るなんてことは理解されないでしょうし、その為に土日に家族をほったらかすとSFCに到達する頃には一緒に家族旅行に行く前に見限られて家族がいなくなります。(笑)

 

ということで、費用対効果+精神的ダメージを考慮すると、どうあれ[1]は色々と却下ですね。

 

[2] 日帰りで土日どちらかを修行に充てる 

この場合、陸路の移動費が発生します。静岡ー羽田6,240*2 = 12,480-

唯一陸路分を考慮しない方法は出張の前後に修行を行うこと。

そうすれば地味に痛い出費となる陸路分は出張経費となり、自腹を切るのはなくなります(我ながらセコイ)

 

往路:台北へ行く前に修行する場合

最も遅いエバ航空便は成田発20:40、羽田は12:40なので、成田からの往復利用になりますね。

しかし、最長距離と思われる成田ー沖縄は18:15成田発。

出張前の修行には使えません。

その他の成田からのANA就航地も調べましたが、札幌ぐらいでしょうか?

 ANA2153 成田1000ー札幌1145、ANA2154 札幌1405ー成田1545

「ラーメン食べる為だけに北海道行ってきた」を実践できます。(笑)

プレミアム旅割28が取れた最高のケースを想定すると以下の通り。

f:id:t-proof-35mm:20161001071217p:plain

  • 総プレミアムポイント 13,770 + 3,591*2 + 1,330*4 +1,675*2 = 29,622-
  • ANA利用分 5,368 + 3591*2 + 1,675*2 = 15,900-

惜しい!ブロンズにあと少し。

 

もしくは、羽田から飛んで、成田に帰るか。羽田で往復してから成田に移動するか。

それであれば往路の選択肢は広がります。

 

復路:台湾からの帰国後に修行を行う場合

最も早いエバ航空便は11:45羽田着。

 ANA473 羽田1305ー沖縄1545、ANA1098 沖縄1755ー羽田2020

プレミアム旅割28が取れた最高のケースを想定すると以下の通り。

f:id:t-proof-35mm:20161001074120p:plain

  • 総プレミアムポイント 13,770 + 3,591*2 + 1,330*4 +2,860*2 = 31,992-
  • ANA利用分 5,368 + 3591*2 + 2,860*2 = 18,270-

ブロンズには到達します!

 

仮にこの羽田ー沖縄往復を繰り返す場合、(50,000-31,292) / 2860 = 6.3回搭乗となり、4往復が必要になります。

 

ゼロから始めるSFC修行に比べれば遥かに楽なんでしょうけど。。。

んー、実際にはプレミアム旅割28が使えるほど早くから出張が確定するのは稀なので、ホントに皮算用ですね。

 

 

さて、何かいい手はないかなぁ。。。

 

 

 

よろしければ投票をお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中