読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

台湾でプリペイドSIMカードを手配する方法

目次

 

f:id:t-proof-35mm:20161209194000j:plain

海外渡航時の通信環境の想い出

海外渡航時の通信環境ってどうされていますか?
日本の携帯会社のローミングという方もいるでしょう。
最近比較的安価になってきたとはいえ、まだまだ高値です。

 

以前Softbankを契約していた当時のプランは海外し放題2980円/1日でした。

しかもコレが1日というのは日本時間で0時を回った瞬間に翌日扱いになります。

チャイナエアラインで静岡便で訪台すると、台湾着が22:00、日本時間23:00。

機内モードやローミングOFFに切り替えてから電源を切るのを忘れて、空港着いた時にONにしてしまい、たった1時間で1日分の2980円が課金されたことがあります。。。
そして、5日間滞在中、切替を忘れて、気づけば15000円を請求されたことも。
嫁さんにこっぴどく怒られて、自腹を切らされたことがあります。。。

 

その後、会社からiPhoneが支給され、私用携帯が海外で鳴ることは減り、プライベートの方もauでは最近始まったau starのギフトで毎月1日間は海外通信無料になりました。

(以降は24時間980円)

au STAR(スター)|au

便利になったなー。


とはいえ、今回の台湾旅行は完全私用。
ちょうどオークションで落札したSIMフリールータ NEC Aterm MR04LNを持っていたので、今回はSIMカードの入手法をレポートしておきます。

 

 台湾の通信環境

台湾でもLTE通信が始まっており、海外旅行者向けのプリペイドSIMもLTE対応になっています。

主としては、台湾大哥大(Taiwan Mobile)と 中華電信(Chunghwa Mobile)の2社でしょうか。

 

台湾大哥大

Taiwan Mobile

中華電信

Chunghwa Mobile

台北松山空港

(羽田便就航)

受付カウンターなし

受付カウンターあり

台北桃園空港

(その他日本便)

受付カウンターあり

受付カウンターあり

支払い

クレジットカード、現金

現金(台湾元 NTDのみ)

料金体系は両社ともあまり大差はありません。

しっかりと比較したことはありませんが、両社ともあまり通信速度は変わりません。

 

羽田便が就航する台北松山空港の場合

今回、羽田ー台北松山空港便だったので、選択肢なく中華電信の一択。

1階到着ロビー内、到着ゲートを通ったら出口に向かい、そのまま出ずに左に向かった先にあります。

横にはクロネコヤマトのカウンターがあり、向かいにはサブウェイがあるところです。

 

f:id:t-proof-35mm:20161209200343j:plain

カウンターに料金プランが表示されています。

最安は300NTD、約1000円で、3日間。データの容量制限なし+100NTD分の通話料付。
これで3日間300NTD ≒1065円。
au starで1日無料になったとして2日間で980*2=1960円に比べて約1日分が節約できます。
または同料金で5日間のデータ容量制限なし+50NTDの通話料付が選べて、コレなら丸々3日間の通信費が節約でき、長期滞在ほどお得です。

 

詳しくは公式HPに日本語での記載もあります。

中華電信3G/4G 預付卡

 

 

頼み方ですが、未だにほぼ指差しです(笑)
「Plan A, using this tool」 
そんな感じでパスポートとともに使用する機器をSIM部分をさらけ出して渡してます。
nanoSIMだろうとMicroSIMだろうと向こうが勝手にサイズを変えて取り付け、アクティベーションをしてくれます。

渡せたSIMは既にルーターに組み込まれえますから、あとはAPNの設定を”internet”、パスワードなしで設定するだけです。

f:id:t-proof-35mm:20161209200359j:plain

 今回日月潭の山間でも通信が切れることなく安定して高速でインターネットを使用できました。(その恩恵に訪台中ほぼ毎日更新が出来ました)
結構快適。

 

また、このプリペイドSIMカードを購入すると、公衆無線LAN(中華電信WiFi)も利用可能です。

とはいえ、市内でその電波が拾える所も限られるので、空港で設定してから移動した方が得策です。

設定方法は

中華電信 3G/4GプリペイドカードのWiFi自動接続のタブに詳しく載っています。

 

羽田便以外の全ての日本発着便が就航する台北桃園空港の場合

羽田発の便以外は台北桃園空港に着くのでそちらでの借り方も記しておきます。

入国前に借りられます。

f:id:t-proof-35mm:20170219012540j:plain

松山空港にない特徴の1つは、Immigration(入国審査)の前にも通信会社のカウンターがあるということ。

会社は T star 台湾之星 と 亜大通信の2社。

上述した台湾大哥大(Taiwan Mobile)と 中華電信(Chunghwa Mobile)の2社ではありません。

値段は入国後のカウンターより50NT$(200円ほど)安いという印象でしょうか。

契約には、パスポートと入国審査用に記載する入国審査証(Arrival card)の2つです。

ちなみに、営業時間は20時までです。

 

が、桃園空港ではImmigrationが混むことが多いので、ここで借りたことはありません。

 

入国後の場合

何箇所かありますが、大きくスペースを設けているのは、中華電信(Chunghwa Mobile)、営業時間は21:30まで。

f:id:t-proof-35mm:20170219020221j:plain

料金形態はこんな感じ。

パスポート以外にSecoundely ID(それ以外の身分証)が必要とありますが、実際にはパスポートだけで事足ります。

f:id:t-proof-35mm:20170219020601j:plain

 

ちなみに、入国して左ではなく、右に進むと、別の通信会社の簡易カウンターもずらっと並んでいます。

中には先程Immigration の前にカウンターのあったT starも。

f:id:t-proof-35mm:20170219020612j:plain

f:id:t-proof-35mm:20170219020632j:plain

料金はこんな感じで、Immigrationの中の方はこれより概ねNT$50(約200円)安くなってます。

 

お試しあれ。

 

 

 よろしければ投票をお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中