読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

CES 2017開催中!

ガジェット クラウドファンディング Indiegogo Kickstarter

CES 2017が米ラスベガスで開催中です。

f:id:t-proof-35mm:20170107123952p:plain

CES 2017 公式日本語サイト

平たくいうと、一般消費者向けの電化製品の国際見本市です。

 

気になったニュースをペタペタ貼っていきます。

*今回は他力本願な省エネ・乞食記事です。

ご了承を。m(_ _)m

 

HONDA

japanese.engadget.com

自転車乗りであって単車乗りではありませんが、興味があります。

まだ具体的な製品化はなく、技術紹介に近いようです。

重心の高そうな大型バイクでやっているのも素晴らしく、立ちゴケ防止というなら後々には原付にも・・・と期待しますね。

ちょっと人の後ろをトコトコとついてくるところがタチコマみたいで可愛い・・・

f:id:t-proof-35mm:20170107130743p:plain

 

NISSAN(日産)

【CES 2017】日産 ゴーンCEO、「CES 2017」基調講演でNASAの技術をベースに開発した自動運転車管理技術「シームレス・オートノマス・モビリティ」概要公開

【CES 2017】日産、自動運転チェア「ProPILOT CHAIR」を「CES 2017」で一般公開

ProPILOT CHAIRの動画を見た時には、自動運転の自動車よりも身近に感じられるなーと好印象でもありました。

でも、椅子1つズレるぐらい横着せずに自分らでしようよという思いもあります。(笑)

 美術館で足の不自由な人が使うのは良さそうですが、自動追尾だと自分が見たいペースでは作品が見れない???(°▽°)

 

MIO

gadgetsandwearables.com

当ブログで何度か紹介している光学式心拍数計内蔵のリストバンド・時計をリリースしているMIOもCESへ出品中。

新製品のMIO Slicsを推しているようです。

t-proof.hatenablog.com

MIO FUSE レビュー 2016年版(Firmware 01.20) 

 

GARMIN

buy.garmin.com

フィットネス機器・時計の元祖とも言えるGarminもCESに合わせて新製品を発表。

fenixシリーズはその最高峰で、フィットネス用途寄りすぎるForeAthele シリーズのデザインに比べて、まさしく時計。

しかも、今まで頑なに機器との接続はANT+のみ、Bluetoothは搭載していても利用はスマホとの連携のみだったのが、このfenix5からBluetoothセンサーとの直接接続が可能になったようです。

www.dcrainmaker.com

ただし今の所はBluetooth心拍数計のみ接続可。

光学式心拍数計を搭載しているのに何故かBluetoothは心拍数計のみ接続可という謎設定ですが、光学式の精度を信じてない人は未だに胸バンド式の心拍数計を使っているので、その人達向けでしょうね。

でも、新たな1歩には進みましたので、DC rainmakerさんも挙げているように自転車のケイダンス(回転数計)との接続は今後に期待!

 

MISFIT

f:id:t-proof-35mm:20170107140035p:plain

Misfit Vapor Smartwatch - Misfit

今までディスプレイのないフィットネストラッカーが中心で、2016年後半に時計のついたMisfit phaseを出したばかりでした。

今回、さらに機能を発展させたMisfit VaporがCESに合わせて発表されました。

www.dcrainmaker.com

GPS内蔵で$200!

ただしDC rainmakerさんのHands-onによると、既に組み込まれた機能以外の追加はできないようですね。

 

KODAK

dc.watch.impress.co.jp

説明不要ですよね。\(^o^)/

 

SONY

news.mynavi.jp

japanese.engadget.com

世の中的には、SONYも左右独立の完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの出品の方が気になるかも知れませんが・・・

www.gizmodo.jp

 

SONY派のAudio&Visualマニアでもある私は断然STR-DN1080が気になります。

AV AMPは背面配置が情報の鍵なので、SONY USのホームページにて発見。

7.2 Channel Home Theater Wireless Soundbar | Sony US

f:id:t-proof-35mm:20170107125336p:plain

アナログ端子をほぼ廃した超シンプルなAMPとなっています。

値段次第だなー。

 

CESは見本市ですので、広く自分達を知らしめる為の会でもありますが、誰に?となると、一般消費者、彼らに伝えてくれるメディア向けでもありますが、立ち上がったばかりのベンチャーではこの機会に商機を得る為のスポンサー探しの場でもあります。

なので、今まで紹介してきたクラウドファンディングサイト、IndiegogoもKickstarterも出展をしています。

t-proof.hatenablog.com

t-proof.hatenablog.com

 

 

INDIEGOGO

f:id:t-proof-35mm:20170107141009p:plain

ブースを独自で出展するとともに、ホームページ上で今までIndiegogoで出資を募った案件かつCES2017に出展しているスタートアップ、168件を紹介中です。

https://www.indiegogo.com/campaign_collections/ces-2017

 

Kickstarter

f:id:t-proof-35mm:20170107141539j:plain

www.kickstarter.com

同様に _CESのタグ付けを行い、Kickstarterを経た出展先255件を紹介しています。

 

1/8まで開催中なので、まだまだレポートは各サイトから挙がってくると思いますが、ひとまずはこれにて。

 

 

 

あーやっぱり一度でいいから見てみたいなぁー。。。

あ。マイル貯めたら、これを見に行くってのも一興かな?(°▽°)

 

 

 

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中