ANAマイルとガジェットがこわい。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

いびきを抑える方法:5選

目次

 

ナステント騒動

鼻腔に挿して引っ掛けて気道を確保することでいびきを抑えるというナステントというものがありまして。

f:id:t-proof-35mm:20170126012657j:plain

これがいくつかのポイントサイトに横断的に100%還元(買った金額分のポイントがその会社の宣伝広告費から賄われて還元されることで実質タダになる)ということで、陸マイラーが挙って購入しました。

www.nijihaha.net

 

ただ私はタイミングが悪く、出張と重なり、このモニター案件を行うことを断念したのですが。。。

その矢先に、誤飲事故があったとのことから、自主回収となりました。

f:id:t-proof-35mm:20170126012741p:plain

www.nijihaha.net

で、購入金額がQuoカードとして還元されるとのことで、自主回収発表前にモニター案件を実施した人はポイントとQuoカードとで実質200%還元?となりました。

ま、これも結局はタイミングが合わなかったので、蚊帳の外なんですが・・・

 

*そもそも何を言ってるんだろう?ポイントサイトって何?という方はこちらへ。

www.t-proof-air-gadget.net

ポイントサイトでは企業からの広告費を元に、そのポイントサイトを経由して利用した人へ、そのポイントサイト独自のポイントを還元しています。

そのポイントを現金やANAマイルに交換する方法があります。 

ナステントの場合、複数のポイントサイトにて、購入+アンケート回答者に100%の還元を行うという広告を行なっていました。

100%還元、つまりタダで品物が手に入ることになります。

何をありえないことを言ってるの?と思うかもしれませんがポイントサイトでは往々にしてあります。

 

いびきがひどい・・・らしい。

一応、モニター案件は実際に使うものだけを手を出す、ポイント目当てに不用品を買わないと決めています。

つまりナステントは使い道がありました。

というのも、いびきがひどいらしんですよ、私。(笑)

同じ部屋で寝てる家族からのクレームです。(*_*)

勿論寝てる間なので自分では気づきませんが、口呼吸をしているのか、起きたら酷く喉が渇いていて、日中に睡魔が襲ってくることもあります。

一度録音して聞かせたいぐらいと家族に言われましたが、自分自身のとはいえ、あまり聞きたいものではないのでお断り。(°▽°)

だから、ナステントは実際に試したいというのもあったのですが。。。残念。

 

で、探してみると意外とあるんですね、いびき抑制。

 

いびき抑制の方法

1:ブリーズライト

f:id:t-proof-35mm:20170126013641j:plain

鼻腔を拡げて呼吸をラクに/ブリーズライト

ま、ど定番ですが、一番安上がりですね。

鼻の頭のちょい下辺りに貼って、少し鼻の穴を引き上げて広げるような感じで鼻呼吸を促します。

 

2:SILENT PARTNER

f:id:t-proof-35mm:20170126022606j:plain

2017年10月出荷予定。

Indiegogoでの受付は終わりましたが、公式サイトにて、充電スタンド、トラベルバックを含むセットで注文受付中。 $205(約23,000円)

Buy your Silent Partner | QuietLife.Tech (音が出ますので御注意を)

 

いびき(Snoring noise)に対して打ち消す音を出すことで、その音量を抑えるというノイズキャンセリングヘッドフォンと同じ原理を用いています。

これによっていびきを低減できます。

が、あくまでも音を小さくするだけなので、家族にとっては良くても、いびきの主(私)の睡眠改善にはなりません。( ̄^ ̄)

 

3: Anti-Snore Wearable 

f:id:t-proof-35mm:20170126022016j:plain

https://igg.me/at/anti-snore-wearable/x/3869279

腕に巻いたデバイスが音をキャッチしてスマホに転送、その解析からいびきが閾値を超えると振動で教えてくれて、体の向きを変えることを促してくれる装置です。

Indiegogoにて出資受付中。$89(約10,000円)〜。 2017年4月出荷予定。

最初は「おー」と思いましたが、促してくれるだけで、体の向きを変えるのは自分自身です。

つまりは、いびきが五月蝿いと家族に小突かれるのが、機械に小突かれるに変わるだけです。(笑)

 

4:Snore Circle(スノアサークル)

f:id:t-proof-35mm:20170126022737j:plain

耳にかけて音と骨振動でいびきを検知すると、 搭載されたマイクロサウンドと振動で喉の筋肉に働きかけて気道を確保していびきを抑えるようです。

ようやく医療品ではない中で、ブリーズライト以外で直接作用しそうな装置が出てきました。(笑)

睡眠のトラッキングも可能です。

既に発売中。 日本でも発売開始。

偶然ですが、日本代理店はMIO代理店でもあるウェザリージャパンだそうです。(苦笑)

スノアサークル Snore Circle 耳につけるだけでいびきをストップ!骨伝導と音認識があなたのいびきをキャッチ!

30日間の全額返金保証付。

f:id:t-proof-35mm:20170206043015j:plain

 

www.t-proof-air-gadget.net

 


 

5: Neuroon

 翻って、いびきは家族に我慢してもらって、とにかく自分自身の日中の睡魔を抑える為に睡眠の質を上げる時に最適そうなのがNeuroonです。

Softbankが行なっているIoTサイト、+Styleにて展開中です。

plusstyle.jp

japanese.engadget.com

普段の睡眠もそうですが、仮眠モードと時差ぼけ解消モードがあるのが魅力的。

ただ、35000円・・・

Amazon内で並行輸入販売を行なっているところでの評価は低め。

ブログでは賛否両論だったりと個人差はありそうで、、、そういったモノに35000円か〜〜〜。

うーん。

→時差ボケ解消の観点で他に調べてみました。

同等機能で低価格のNuviというのが開発中のようです。

時差ぼけの解消方法:4選 - ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

 

 

余談:Airing (超小型CPAP)

睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、CPAPという医療機器のマスクを使用することができます。

ただ、これはマスクとその先につながるボンベ等かなり大がかりです。

これを画期的に小型化しようとしたのがAiringです。

約8倍の出資金を集めて成功しましたが、アメリカも日本も医療機器として扱うには政府の許可が必要です。

なので、InDemandとして出資を受け付けていても、直接購入は出来ません。

その為、今の出資受付は保守・交換パーツのクーポンとして受け付けているようです。

www.kickstarterfan.com

 

残念ながら、アメリカ内の政府機関 FDAの認可を得ようとする動きはあるのですが、更に日本の認可まで得ようとしているかは分かりません。

その為、出資しても日本で使える日が来るかは分かりません。

 

が。

内容には賛同したいので、$10 Thank you! のPEAKを出資済み。(^ ^)

 

 

ま、そもそも痩せればいいんでしょうけどねー。(T ^ T)

 

__________

今回紹介したIndiegogoはアメリカのクラウドファンディングサイトです。

基本的に、日本からも支援可能で、日本への発送も行ってくれます。

もちろんAiringのように法規制があったり、募集者が日本への発送を対応しないレアなケースを除きます。

Indiegogoの解説、支援方法はこちらに記載しておきましたので、よろしければどうぞ。

www.t-proof-air-gadget.net

 

最初に記載したポイントサイトに関してはこちら(再掲)

www.t-proof-air-gadget.net 

www.t-proof-air-gadget.net

 

ポイントサイトを通じて得たポイントは現金や別のポイント、ANAマイルなどに交換できます。

この方法を用いて、私はダイソンの掃除機(約7万円)をほぼタダで手に入れました。

www.t-proof-air-gadget.net

 

御興味あれば、是非。 

 

 

 

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中