ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

コーヒーを「どこから」楽しむか?

目次

 

バリスタという漫画を御存知ですか?

もしKindleUnlimitedのメンバーであれば、第1巻は無料で読めます。

先日紹介したTSUTAYAミュージコ♪でも各巻600ptで発売中。

バリスタ 1巻 (芳文社コミックス)

バリスタ 1巻 (芳文社コミックス)

コーヒーの豆知識を含むコミックスで意外と知らないコーヒーの深い世界の一端を触れることが出来ます。

最終10巻が少し(かなり?)ドタバタと駆け足で終わってしまった感は否めませんが。

この中で生豆から焙煎するニートが登場します。

作中で描かれた専門の焙煎機は大きな機械ばかりなのに、片手網で行っているニートがそんなこと出来るの?と不思議でならなかったです。

生豆もそんなに易々と手に入らないだろうしなー、と思っていたんですが、そんな自家焙煎機が日本から、しかも卓上サイズで発売されました。 それもパナソニックから。

 

コーヒー生豆を自分用に焙煎することから楽しむ:Panasonic(IKAWA) Roast  

The Roast | Panasonic

ascii.jp

記事中に「英国のスタートアップIKAWAのロースターを日本向けに再設計。」とあります。

実はコレ、Kickstarterで募集していたプロジェクトです。

IKAWA Coffee

850ポンド(121,400円)+送料(?)でPaypalアカウントがあればIKAWAからも購入できます。

生豆の定期購読サービスはなくなりますが、本体はやや高め。

Panasonic The Roastの方は日本向けに再設計ともあるので、そのカスタマイズが入っているのかも。

ちなみにIKAWAのECサイトでは持ち運び用の専用キャリーバックも売っています。

https://static1.squarespace.com/static/54e7659de4b05860a465b878/t/5704f6297c65e41309425a33/1459942958816/IKAWA+PRO+CUSTOM+DESIGNED+PELI+STORM+CASE.pdf

 

今回は、そんな感じのコーヒーを「どこから」楽しむか、その為のツールを御紹介します。

 

 

焙煎後の豆から楽しむドリップコーヒー

無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー

The Roastや珈琲店で購入した豆を自らが飲む前に挽くという方にはコレ。

f:id:t-proof-35mm:20170204161048j:plain

豆から挽けるコーヒーメーカー 型番:MJ‐CM1 | 無印良品ネットストア

何が素晴らしいかはコチラ ↓

www.itmedia.co.jp

32,000円と高額ながら、発売前にガイアの夜明けで取り上げられたのも手伝って2/1の発売から好評で既に3月まで予約一杯。

どうせすぐに買えないなら在庫が揃ってから無印週間の10%OFFを狙うという手もありますし、その時に、オンラインショッピングサイト MUJI.netでのYahooウォレット、楽天ID決済を行えばTポイントまたは楽天スーパーポイントが付与されます。

 

 siroca(シロカ)全自動コーヒーメーカー』

もっと安く済ませたいならSirocaのコーヒーメーカーも豆から楽しむコーヒーメーカーです。

f:id:t-proof-35mm:20170204162443j:plain

全自動コーヒーメーカー│シロカ株式会社

こちらはBONNEで取り扱いがあり、16,200円が38%OFFで9,980円。

そして、明日2/5までの限定ですが、ちょびリッチ経由でのBONNE使用で81%(実質40.5%)のポイント還元を行っている為、今なら5,938円です。 終了しました。

BONNEへの新規入会ならば、1000円分のポイントがもらえるので、それを使えば8,980円ですね。

f:id:t-proof-35mm:20170204162921p:plain

 

焙煎後の豆から楽しむエスプレッソコーヒー

挽いた豆蒸らしながら1滴1滴ゆっくり抽出するのが ドリップコーヒー、高圧のお湯で一気に抽出するのがエスプレッソです。

苦いだけではない濃い味わいが好きで、私はコチラ派です。

DeLonghi:プリマドンナXS全自動エスプレッソマシン

そんなエスプレッソ派の私が憧れる最高峰のマシンが DeLonghi のプリマドンナです。

f:id:t-proof-35mm:20170204163950p:plain

デロンギ プリマドンナXS コンパクト全自動エスプレッソマシン ETAM36365MB

ミルクフォームを含めて、1杯の為にその都度、全自動で豆挽きから全てを行う同社の全自動エスプレッソマシンの最高峰。

ちなみに、「カフェ・ジャポネーゼ」という、蒸らしながら抽出するという日本独自のドリップコーヒー機能もあったりします。

お値段も最高峰で、DeLonghiオンラインストア価格 213,840円!!!

高〜い!と思ってしまいますが、実はこの商品、A-styleで取り扱いがあります

つまり213,840マイル、1年間で最大限変換できる陸マイルの全てをつぎ込めばタダで手に入ります。

陸マイルが貯まりすぎて困ってるという方はこういうマイルの使い方もありかも知れませんね。

(私は未だそこまでマイルを貯まっていませんが)

 

ただ、プリマドンナシリーズは海外、本国イタリアを中心としたヨーロッパでは カラー液晶モニター搭載、好みの挽き方/抽出時間・量/ミルクとの比率をアプリで調整可能という最新機種、PRIMADONNA ELITEが発売済み。

f:id:t-proof-35mm:20170204204517p:plain

PrimaDonna Elite

 ガジェット好きとしては、これの日本展開、A-style取り扱いに期待したいです。

 

 

カプセル式エスプレッソ・コーヒーメーカー

何故、コーヒー好きに挽きたて豆にこだわる人が多いか?

受売りのうすーい知識によると、コーヒーの味の劣化の原因は空気中の酸素による劣化によるものだからです。

その為、焙煎豆→挽き豆→ソルブルコーヒー(インスタント)になるほど豆の表面積は増えますから酸化が進みやすくなります。

それを抑える為に、入れる前に豆を挽きます。

一方で別のアプローチとして、挽き豆を封止させて空気と触れないことで劣化を抑えるのがNespresso のカプセルとコーヒーメーカーです。

 

Nespresso

エスプレッソコーヒー・エスプレッソマシン Nespresso ネスプレッソ公式

今、私はコレのミルクフォーム機能付きのモノを使っています。

f:id:t-proof-35mm:20170204205712p:plain

https://www.nespresso.com/jp/ja/lattissima-touch

コーヒーカプセルは全国21ヶ所(ただし関東に11ヶ所に集中)にあるネスプレッソブティックまたはオンラインストアにてカプセルを購入します。

それをセットし、1杯ごとに水タンクから高圧で沸かせたお湯を用いて、高温・高圧で抽出するエスプレッソが楽しめます。

基本フレーバーは以下の通りで重め・軽め・酸味・カフェインレスなど種類は豊富です。

f:id:t-proof-35mm:20170204210045p:plain

また期間限定フレーバーというのもあります。

過去には「マサラ・チャイ(インドのスパイスたっぷりのミルクティ)」フレーバーのコーヒーという訳の分からない商品が真面目に売られたことがあります。(しかも、紅茶は使用されていません)

EAT|ネスプレッソ新作「Masala Chai」数量限定発売 | Web Magazine OPENERS

 

謎の機種 Nespresso Prodigio

ちなみにNespressoには謎のスマホ連動機種があります。

コレ、抽出量やタイマーで抽出する時刻をスマホでコントロール可能とあるんですが、、、結局カプセルやカップをセットしたりは手動なので、スマホでコントロールできることにメリットを見いだせないという謎機械でした。

抽出ボタンも本体に備え付けてあったので、スマホがなくても動作しましたからね。

だからなのか、過去には40%OFFキャンペーンで売り出されたこともある不遇の最新機種です。。。

不遇すぎて、後継機種でないかなぁ・・・

ミルクタンク付のタイプなら、ミルクとの比率を変えたり滴下タイミングを変えたりとスマホで微調整することにメリットを見いだせそうと思うで、そっちのタイプでスマホ連動版が出るのを期待しているんですが。。。

  

もう1つのネスレのカプセルコーヒー:ネスカフェ ドルチェ グスト

ネスカフェ ドルチェ グスト

最近では宇治抹茶の抽出が行えることを謳ったCMが頻繁に流れてますね。

Nespressoの特徴は

  • エスプレッソコーヒーのみ
  • 高級志向狙い
  • 専用ブティックかオンライン購入

それに対して、ドルチェグストは以下の通りで狙っている層が異なります。

  • コーヒーから宇治抹茶、紅茶など多種多様
  • カジュアル狙い
  • コンビニでもカプセルを販売中

私はこちらとも悩んだんですが、ミルク系のメニューが結局は粉ミルクというのがやや引っかかり、Nespressoにしました。

今なら、ちょびリッチ経由のマシン無料のカプセル定期お届け便の個人申込みで、12000pt(6000円分)のポイント付与があります。

よくCMで流れている「ネスカフェ・アンバサダー」はその法人版。

こちらは今ならGet Money!で5000円分のポイント付与があります。

 

カプセル式ドリップコーヒーメーカー

ネスプレッソ、ドルチェグストは高圧のお湯で一気に抽出するエスプレッソスタイルです。

それに対して、カプセル式のドリップコーヒーのシステムもあります。

 

キューリグとK-cup システム

コーヒーメーカーのキューリグ。ブリュースター|キューリグ・エフイー株式会社

f:id:t-proof-35mm:20170204213726j:plain

キューリグという会社がマシンとK-Cupパックというカプセル規格を定め、その中に入れるコーヒーなどは各メーカーに用意してもらっている、と行こうことで、全て1社でまかなっているネスレとは違う企業連合といったところでしょうか?

日本ではコーヒーはUCCからラインアップが出ています。

商品ラインナップ ブリュースターKカップ|キューリグ・エフイー株式会社

 

ただ、これも日本ではK-cup専用機のみなんですが、USではReuseable filterとして自分で好きなコーヒー挽き豆を入れて抽出できることが出来、カプセルサイズもマグカップサイズまで対応だったりします。

Single Serve Coffee Makers & K-Cup Pods | Keurig®

ラインナップには、Tully's、Starbucks、Twiningなども。

 

クラウドファンディングで見つけたコーヒーメーカー

コーヒー好きな人は世界中にいるので何かしらの革新的なものを目指そうとクラウドファンディングでも時々コーヒーメーカーを見つけます。

最初に紹介したPanasonic The Roast も元はKickstarterから始まったIKAWAですしね。

そんなクラウドファンディング発祥のプロジェクトをいくつか抜粋。

 

Bonaverde : the world’s first roast-grind-brew coffee maker

究極といえば究極。

生豆から1杯ごとに焙煎を始めて抽出する装置です。

2013年12月出荷を予定してKickstarterから始まったプロジェクトですが・・・2017年中頃を目標に未だプレオーダー受付中という状態で、未出荷のようです。

 

Arist:Your Personal Barista in a Coffee Machine

DeLonghi プリマドンナのように1杯ごとに豆を挽いて抽出するコーヒーメーカー。

全ての操作はスマホに集約されていて、アプリで好みの設定を保存して繰り返し同じ味にすることが可能。

カップにNFCシールを貼ることで、記録してある各人の好みに合わせて、それぞれ繰り返し抽出が可能。

ラテ用ミルクの泡立て器も装備されていて、全てを1台でまかなえる、

ただ・・・公式HP上で機能の説明などはあっても、価格や販売開始の時期などの記載は見当たらない。

Kickstarter、Indiegogo共にキャンペーンは既に終了していて出資も不可・・・。

(ちなみに、その時は市販予定価格 $349となっていました)

 

GINA:The first 3-in-1 smart coffee instrument with a built-in scale and an app.

 Bluetooth内蔵の秤を用いて、抽出量や時間を知ることが出来るハンドドリップ派の手助けツール。

勿論それだけなら市販の秤を置けばいいだけなので、このGINAの他の特徴としては1セットで水出しもフレンチプレスも対応するということ。(だから3in1)

 IndiegogoではInDemandとして出資受付継続中。

$170+送料で2017年4月発送予定。

 

The Barisieur : waking you with freshly brewed coffee or tea.

朝のコーヒーの匂いで目覚める、、、というのを行うために、IHプレート内蔵の目覚まし時計を用いて、設定時間にドリップコーヒーを作り、その匂いで目覚めましょう、という機械。

・・・枕元にコレ置くの? 邪魔・・・ (°▽°)

 

世の中には賛同者がいるようで、$578,474(目標額の101%)を集めてプロジェクト成功、2017年9月出荷予定。

興味がある方はIndiegogoにてInDemandとして $299にて出資受付中。

 

少なくとも、「朝、コーヒーの匂いで目が覚めて・・・」というベタなドラマの展開はコレジャナイ。d( ̄  ̄)

 

それでもコレが欲しい、どうやればいいの?Indiegogoって何?という方はこちらをどうぞ。

www.t-proof-air-gadget.net

 

 

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中