読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルとガジェットが好物。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

チャージごとに割増があるVISAプリペイドカードPollet(ポレット)誕生! でも若干の盲点が・・・

ポイント

目次

ハピタスから新カード登場

ハピタス感謝祭第2弾:紹介ランキングに応じた賞金プレゼント+新規入会後のポイント交換時に1000円分のポイント付与!にて「月30万までポイントチャージ可能!ハピタスポイントが世界中のお店で使えるVISAカードが登場!」と予告されていたカードがようやく発表になりました。

f:id:t-proof-35mm:20170228072139j:plain

 

それが「Pollet(ポレット)」です。

ハピタスポイントチャージするたび増える | ポレット(Pollet)

f:id:t-proof-35mm:20170306234333j:plain

注:Pollet(ポレット)の使用にはポイントサイト・ハピタスへの登録・ハピタスのポイントが(今のところは)必須です。

未登録の方はこちらからどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

そもそもハピタスって何?

ハピタスとはポイントサイトの1つです。

そのハピタスのサイトを経由して各サービスを利用することで、各サイトのサービス(例えばTポイントや楽天ポイント)とは別にハピタスポイントというポイントが付与されます。

このポイントは、再度他のポイントや現金などに交換することが出来ます。

このポイントは各サイトがハピタスに支払う広告費から賄われている為、私たち利用者が損をすることはありません。

詳しくはこちら。→ポイントサイトを活用したお小遣い or ANAマイルの稼ぎ方 [1] 

 

ハピタス未登録の方は、こちらからどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

「Pollet(ポレット)」の概要

f:id:t-proof-35mm:20170307001621j:plain

そもそもVISAプリペイドカードとは?

PolletはいわゆるVISAプリペイド(先払い)カードです。

一般のクレジットカードはポストペイド(後払い)と違い、プリペイドカード内の入金額=使用限度額として、クレジットカード代わりに使用できます。

後払いのクレジットカードでは、その人の支払い能力を元にカード発行の可否をカード会社が定める与信審査があるので、万人が持てるわけではありません。

ただプリペイドカードでは与信審査はなく、年会費・カード発行の手数料も不要で、12歳以上なら誰でも使えます。

その為、子供の海外旅行に持たせるという人もいるようです。

 

使い方は?

VISAクレジットカードが使えるお店であれば、届いたカードをクレジットカードとして会計に使用できます。

プリペイドカードの為、チャージされている金額がそのまま使用限度額となります。

足りない時は再度アプリを通じてチャージする必要があります。

ただし、そのチャージの反映にはシステムの都合上約2時間かかります。

同じようなプリペイドカードであるau walletがローソン等での直接チャージを行うと、すぐに反映されるのに比べると少し弱いところです。

足りないかも、と思ったら早めのチャージを心かげましょう。

 

Pollet(ポレット)の他のカードにない特徴

①ポイントからのチャージ

プリペイドカードへの入金(チャージ)は他のクレジットカード、ペイジー(ネット振込)からのチャージが代表的です。

Pollet(ポレット)の特徴はハピタスの活用で貯めたハピタスポイントを「現金」として入金できることです。

ハピタスポイントは1pt=1円相当なので、集まったポイントがそのまま「現金」に交換できます。

今はハピタスのポイントのみをチャージ出来ますが、これ以外のポイントからのチャージも検討中のようです。

 

②チャージ時の割増がある

ハピタスポイントの交換先には現金もあります。

が、チャージした際に、Pollet(ポレット)では0.5%の割増があります。

これはハピタスポイントからでも、クレジットカードからでも付与されます。

最大の30万をチャージすれば、0.5%の1500円が加算されます。

 

ちなみに、ハピタスポイントからの初回チャージ+5月31日までの期間限定で、この割増を5%にするキャンペーンが実施中です。

つまり、1ヶ月の最大枠・30万ハピタスポイントを初回に一気にチャージすると、その5%、15,000円が加算される仕組みです。

 

他のポイント利用方法と比較

ハピタスは1pt=1円として使えますが、交換先によっては等価交換よりお得なところがあります。

Amazon ギフト券とiTunesギフトがともに、ハピタス 490pt =500円分と交換できます。

交換単位が490ptごとなので、3万pt内の上限は61口の29,890ptで比較すると、

  • Amazon, iTunesの場合、29,890pt → 30,500円分
  • Pollet(ポレット)での初回チャージ5%upの場合、29,890pt → 31,384円分
  • Pollet(ポレット)での通常チャージ0.5%upの場合、29,890pt → 30,039円分

つまり、初回チャージ以降+Amazonなどで購入したいものがある場合はAmazon,iTunesへの交換の方がお得です。

ソラチカルートでのANAマイルへの交換は0.9倍、29,890ptは最終的に26,901マイルになり、3万円以上の特典航空券に変えることも可能です。

 

違いは、ポイント交換などで使える毎月の上限が3万pt、Pollet(ポレット)では毎月の上限が30万ptと10倍違うこと。

どの交換先にメリットを感じるかはそれぞれ個人の思惑次第ですね。

 

申込方法は?

専用アプリから行います。

その後、3日〜2週間で実際のカードが届き、そのカードをお店などの決済で使用します。

カード発行のみでなく、その後のポイントやクレジットカードなどからのチャージにも継続してアプリを使用します。

 

iPhone、Androidとも今日3/7からダウンロード開始です。

 

play.google.com

 

f:id:t-proof-35mm:20170307001131j:plain

 

思わぬ盲点が・・・

早速iPhone版アプリ(Ver. 1.0.0)をダウンロードして、カード発行手続きをしようとしましたが、途中でハピタス・ポイントからのチャージを促され、チャージしない限り次に進めなくなっています。

つまり、最初にカードだけを独立して発行することは出来ません。

 

そして、今のVer.1.0.0では少なくともチャージ先をハピタス以外のクレジットカード、ペイジー(ネット振込)を選択する項目がありません。

f:id:t-proof-35mm:20170307132853j:plain

 

少なくとも今のVer.1.0.0ではカード発行=手持ちのハピタスポイントからのみの初回チャージというのが強制されます。

その為、5%UPキャンペーン最終日の5/31まで、ポイントを貯めてからカード発行を行うのが得策です。

 

故に、4000pしかない私は、早々の実証記事を上げるのは諦めました。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

だってねぇ・・・今発行しても200円しか加算がないので。。。

 

 

ハピタスポイントの貯め方は?

初回チャージ限定の5%割増はハピタスポイントからのチャージに限られます。

しかも、5月31日までの期間限定 かつ カード発行時のハピタスからのチャージは強制です。(少なくともVer.1.0.0アプリでは)

 

ということで、可能な限りハピタスポイントを貯めることになります。

ただハピタスポイントは他のポイントから移行するというルートはありません。

例えば、Tポイントであればハピタスやちょびリッチ、ANAマイル等から交換でき、TポイントもANAマイルに交換できたりしますが、何かをハピタスポイントに変えるというルートがないんです。

その為、ハピタスポイントはハピタスに掲載されている広告案件をこなすしか稼ぐ方法はありません。

 

ポイントサイトのポイントの貯め方は以下の記事にざっくり載せてます。

 ポイントサイトを活用したお小遣い or ANAマイルの稼ぎ方 [1] - ANAマイルとガジェットが好物。

 

それをハピタスに照らし合わせると。。。

 

 「買い物案件」:掲載あり。

特にハピタス内の書籍販売サイト・ハピタス堂書店の電子書籍購入は10%還元と高く、オススメ。

また、ちょびリッチ・スマホ版のようなアプリの月額コース申込みでの高ポイント還元もありません。

基本、この方法はチマチマ稼ぐしかありませんが、日常生活で無理なく進められるメリットはあります。

楽天市場とかで買い物する時にハピタスを経由するという一手間を忘れなければいいのですから。

 

「外食モニター案件」:掲載なし

特定のお店で外食し、そのアンケートに答えることで飲食代の何%が還元される外食モニター案件は、他のちょびリッチなどのサイトでは実施していますが、ハピタスでは残念ながら展開されていません。。。

 

「クレジットカード・カードローン案件」:掲載あり。

ただし多重発行は危険です。

月1枚に抑えた方がいいでしょう。

(どの口がほざくか!って言われそうですが。。。)

カード次第でポイントは変わりますが、最大8000円程度として、3ヶ月でよくて25000円ぐらい?

 

今(2017/3/7現在)なら、セブンカード・プラスにて8000pt(8000円分)の付与があります。

f:id:t-proof-35mm:20170307125714p:plain

ただし、ポイントという意味ではちょびリッチの方が18000pt(1pt=0.5円なので9000円分)と高付与のサイトもあります。 

 

 

「FX案件」:掲載あり。

外貨取引であるFX案件は、高ポイント付与の初回取引案件が多数あります。

ただし、あくまでもリスクはありますし、取引を行う為に5万円程度は必須です。

上手くやれば5万からの損失は抑えてポイントだけを得ることも出来ますが、あくまでも自己責任・自己判断で。

 

それ以外だと今なら「みんなdeポイント」形式中のこの2件が高額でしょうか?

f:id:t-proof-35mm:20170307095724j:image

みんなの保険:9,000pt →保険の見直し相談

じぶん銀行住宅ローン:11,000pt →仮審査申込み

 

付与までのタイムラグを忘れずに。

尚、5/31はPollet(ポレット)へのチャージ期間です。

ハピタス経由で各サイトを利用して、広告案件を多数こなしても、その広告でのポイント付与が5月末までに付与がなければ5%UPの恩恵は受けられません。

例えば、ハピタス堂書店の場合、今までの実例を考慮すると前の月の利用分が翌月10日頃に付与されます。

つまり5月に購入したポイントは5%UPキャンペーンの終わった6月付与の可能性が高いです。

 

本をドカ買いするなら4月までに進めましょう。

(^O^)

 

その他、ポイント付与を他のサイトよりも期間限定で引き上げるハピタス感謝祭も3月末まで実施中です。

こちらも上手く活用しましょう。

 

この感謝祭の内容は随時こちらで更新していきます。

→ (随時更新)ハピタス感謝祭:TOP 50の広告を中心にポイントUP中! - ANAマイルとガジェットが好物。

 

ってーことで、カード自体の速報レポートは他の方譲ります。

すぐに発行出来るのは、、、

  • 既にハピタスのポイントが30万pt以上あるポイント長者(失礼)
  • ソラチカルートが渋滞している陸マイラー
  • 現金としての利用に価値を見出している旅行嫌い(失礼) 現金派

といったところでしょうか?

 

私も申込みますが、上記の通り可能な限り貯めてからの5月末申込み+ハピタスからのポイントチャージ→カードが3日〜2週間で到着→レビューは6月中旬以降になると思います。

 

。。。。。。長いなー、もうネタも出尽くして独自性を確保出来なくなってるかも。(。-_-。)

ま、その時はその時ということで。

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

Pollet(ポレット)およびハピタスに興味を持たれた方は、こちらから登録をどうぞ。

(しつこい *゚▽゚*)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中