ガジェットとBlu-rayがこわい。ポイントもね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

NOKIA Steel レビュー [1] まずはインストールまで。

予定外。。。

でも、大雑把な皮算用 ちゃんとした理由があって、NOKIA Steel HRではなく、敢えてNOKIA Steel 購入です。

  

NOKIA 製スマートウォッチ NOKIA Steelを格安で購入

買っちゃった・・・

f:id:t-proof-35mm:20171227215329j:plain

Amazon Cyber Mondayで安売りもしていたのですが、それとは全くの無関係に買ってしまいました。。。

www.t-proof-air-gadget.net

というのも、Cyber Mondayで12,075円より安い9,999円で売っていたから。 

12/28現在、Black限定でB-TOオンラインというお店が販売、Amazonから発送しているものが45%OFFの9.999円で売っています!

これでもかなり安いのですが、私が買ったのはこちら。

f:id:t-proof-35mm:20171227214915j:plain

そう、Amazonが直で販売しているAmazonアウトレットに更に安い8,699円で売ってたんですよ〜。(*´꒳`*)

f:id:t-proof-35mm:20171227215023p:plain

定価の18,230円から考えれば52.3%OFFです。

見つけた瞬間には反射的にカートに入れてました。。。

届いた品は傷なども見られず、綺麗でした。

いい買い物した・・・(°▽°)

 

開封+外観

あー、久々のNOKIAマークが嬉しい。(*´꒳`*) *1

f:id:t-proof-35mm:20171227215449j:plain

見た目は本当に時計です。(当たり前・・・)

f:id:t-proof-35mm:20171227215503j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227220525j:plain

実は裏が意外と厚みがありますが、デザインが秀逸であまり厚みは気になりません。

f:id:t-proof-35mm:20171227220538j:plain

 

アプリとの同期

 使用にはNokia Health Mateアプリをダウンロードする必要があります。

iOS、Androidの両対応。

Nokia Health Mate

Nokia Health Mate

  • Nokia Apps Distribution LLC
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

play.google.com

インストールすると、アプリと機器の接続を先に求めてくるので手順に従い、接続を行いましょう。

ちなみに、Steelなどを展開していた旧Withings社がNOKIAに買収されたのが2016年で1年以上過ぎようというのに、何故か旧製品名 Active Steelのままです。

f:id:t-proof-35mm:20171227221634j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221638j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221645j:plain

 

Steelを選択すると、細いピンで裏にあるペアリングボタンを押して接続を行います。

(ピンを押す器具は本体にも付属しています)

その後に、Nokia Health Mateへのアカウント、パスワードを作成します。

f:id:t-proof-35mm:20171227221650j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221658j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221712j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221717j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227221724j:plain

その後、時計としての時刻調整を行います。

とはいえ、長針・短針・活動量の達成率を示す3つの針を12時の位置にスマホの画面を使って合わせる微調整を行うだけで、現在時刻と見比べて長針・短針を直接合わせるという方法ではありません。

f:id:t-proof-35mm:20171227224620j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227224625j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171227224632j:plain


ということで、とりあえず使う準備は出来ました。

しばらく使ってみて使用感をレポートしたいと思います。

 

ちょっとした言い訳、またはWena wristとの併用の可能性

Wena wrist第二世代が発表された時に、Active一択かな?とレポートしてました。

www.t-proof-air-gadget.net

ホントにWena wrist Activeは買おう!と思ってます。

だからこその敢えてのSteelだったりします。

 

というのも、NOKIA Steelの上位モデルSteel HRは心拍数計とスマホからの通知表示用の液晶がありますが、電子マネー機能はありません。

 

一方、Wena wrist Activeはバンド部にスマートウォッチの機能を持ってきており、時計部分はアナログ時計です。

wena.jp

このアナログ時計のヘッド部には太陽光発電などを行うSolarなどがありますが、残念ながらGPSや電波時計機能を搭載したものが準備がありません。(2017年12月27日現在)

そして、現在発表されている以下の画像からみると、その時計のヘッド部は取り外しが出来ます。

f:id:t-proof-35mm:20171227233942j:plain

もしも、このヘッド部とバンドをつなげるアタッチメントが正規の22mm幅以外の18mm幅対応のものが販売されれば、NOKIA Steel + SONY Wena wrist Activeという組み合わせが出来るかもしれません。

 

Steel HR

Steel

Wena

Active

Wena

Leather

活動量計

心拍数計

通知機能

電子マネー

ANA Skip

時差修正

ね?

Steelを衝動買いしたのを正当化する言い訳っぽく聞こえますがもしも青枠が実現できればお互いを補完した時差補正もできてANA Skipにも対応した最強の出張用ビジネス・スマートウォッチになります。

もちろん、Wena wrist Activeに18mm幅対応のアタッチメントが出る保証はありません。(°▽°)

お願いします、SONYさん、Wena wrist Activeに18mm幅用アタッチメント出して〜〜〜〜。

\(^o^)/

TwitterでまさかのWena wrist公式から回答もらえました。

18mm幅対応のアタッチメントが付属するそうです。

ホントに3月になったら、NOKIA Steel + SONY Wena wrist Activeにするか!

 

ちなみに、両端同士のNOKIA Steel HR + Wena wrist Leatherの組み合わせでも出来そうですが、Wena Leatherで対応出来る電子マネーは楽天Edyだけですし、ANA Skipには未対応。。。  

 ま、そんなこと言いながらも、もしWena wrist Activeと組み合わせることが出来ない(=18mm幅用アタッチメントがWena wrist Activeに用意されなければ)、Wena wrist Leatherに今のNOKIA Steel純正のシリコンバンドから切り替えるつもりですが。(°▽°)

www.t-proof-air-gadget.net

 

とりあえず、Wena wrist Activeが予約開始される2月まではNOKIA Steelを使い倒してみたいと思います。

 

 

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

*1:私のNOKIA愛はこちらへ。

www.t-proof-air-gadget.net