ANAマイルとガジェットがこわい。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

iPhoneを赤外線リモコンに出来るケース Pi Caseとともにリモコン環境を考える。 

前編に続き後編を・・・と思っていましたが、情報整理中の為、閑話休題。

とはいえ、AV機器の話といえばAV機器の話です。

 

目次

 

Pi Case: Smart Battery Case with Universal Remote

一風変わったiPhoneケースがIndiegogoにて出資受付中です。

f:id:t-proof-35mm:20170716170544j:plain

Pi Case: Smart Battery Case with Universal Remote

 

  • 2400mAのバッテリー内蔵(充電ケーブルはマクロUSBプラグに変更されます)
  • Lightingに変更されて消え去った3.5mmオーディオミニプラグが復活
  • IR信号端子が装備されて、家電機器のリモコンとして使用可能
  • メタル製、もしくはメタルプレートが仕込んであるらしく、磁石に引っ付けることができます。
  • それを活用した壁掛け用マウントとセットで$59-
  • 色は青か黒
  • 出資期限は8月11日。
  • Flexibile Goalなので目標額に達しなくても製品化が行われます。
  • 出荷予定は2017年9月

 

リモコン機能の詳細

紹介画像や情報から拾い上げると、、、

  • 以下のメーカーに対応。 f:id:t-proof-35mm:20170717093616j:plain
  • リモコンの学習機能はリモコン自体をカメラで撮るだけOK。(ホントに?)
  • 裏面のボタンでクイックコントロールが可能。(ちなみに赤丸のところが赤外線発行部分)

    f:id:t-proof-35mm:20170717101622j:plain

 

昔からある定番機能

iPhoneを赤外線リモコンにするというアイデアは昔からありますよね。

Surcは私もiPhone 4の頃に使用していました。

じゃあ、今Pi Caseに出資するかというと、私にとっては微妙。。。

 

赤外線だけではないリモコン環境

機器を直接スマホでコントロール

今や、TVやアンプ、果てはエアコンもLANやBluetoothを用いてアダプタなしでコントロールできる時代になってきています。

例えばSONY製TVならば、TV&Video side viewというアプリを通じてTVと接続すると番組表の上部の放送曲名を選ぶとダイレクトにそのチャンネルを表示させたり、リモコン画面を表示させることも可能です。

f:id:t-proof-35mm:20170717104109j:plain f:id:t-proof-35mm:20170717104113j:plain

リモコン&テレビ番組表: Video & TV SideView by ソニー

リモコン&テレビ番組表: Video & TV SideView by ソニー

  • Sony Network Communications Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

エアコンすら最新機種ではLANアダプタを追加することで宅内や外出先からエアコンをコントロール出来るようになりました。

f:id:t-proof-35mm:20170717114321p:plain

Daikin APP | ダイキン工業株式会社

1つの機器で1つのアプリになる為、都度その専用アプリを立ち上げる手間はあります。

 

別の機器を導入して、間接的にスマホでコントロール

別の機器を導入して、その機器とスマホはBlutoothやLANで接続し、その機器が赤外線信号を発してAV機器などをコントロールするという方法もあります。

例えば、iRemocon wi-fi。

iRemoconトップページ 

 無線LAN機能を搭載して宅内LAN環境の1台とします。

専用アプリを用いてスマホと接続し、スマホからの命令をiRemoconが赤外線信号に変えて対象機器をコントロールすることができます。

温湿度のモニタリング機能があり、それに合わせてエアコンをコントロールして熱中症予防に扱うことができます。

月額料金はかかりますが、外出先から機器をコントロールしたり、GPS連動で特定の距離に近づいたら機器をONにするなどの機能もあり、主にエアコンを設定すれば帰宅前に部屋を快適にすることが出来ます。

 

Smart Eggというクラウドファンディングで募集された機器もありました。 

 この機器の場合、スマホが遠さがることで自動的に各機器を消灯したりという機能がありました。

実は出資して入手したものの、まだ設定してなかったりします。

というか、意外とリモコンのデータベースと一致しない・・・

f:id:t-proof-35mm:20170717170723j:plain

 

Logitech社 (日本ではLogocool社)が日本以外で 展開しているHarmonyという機器もあります。 

 最大で8機種までですが、機器が赤外線だけでなく、Bluetooth、LANでコントロールする機器でも対応可能を謳っていて、SONY PS4なども対応しているのが特徴。

ただしエアコンには非対応でAV機器専用といったところ。

(途中SmartEggに浮気しかけたものの)今はこれを天井近くに設置して使っています。

f:id:t-proof-35mm:20170717174156j:plain

 

Pi caseにはない、これらの利点

やはり赤外線は近距離通信であり、リモコン(この場合Pi caseの発光部)をその機器に向けないと機器を操作できないというのが弱点。

スマホからの専用アプリ使用の場合は、LANを通じて操作しますし、iRemocomやHarmonyはLANまたはBluetoothでその機器へアクセスし、その機器が赤外線を発光します。

ということは、自室でもスマホを機器に向ける必要はなく、もしくは同じ部屋でなくてもいいということになります。

寝室からリビングのエアコン、TVをつけるということも可能ですし、逆に就寝前に事前にエアコンを入れることも可能です。

 

結局、Pi case はオススメ?

数年前なら飛びついたかもしれないPi case。

今のところ私は出資予定がありませんが、以下の人には選択肢の1つになるかも。

  • バッテリーケースが欲しい人
  • 3.5mmオーディオジャックが欲しい人 
  • ワンルーム暮らしの人

 

番外? HUIS REMOTE CONTROLLER

SONYの社内プロジェクトである First Flight。

その中で開発された学習リモコンにHUISというのがあります。 

f:id:t-proof-35mm:20170718003233j:plain

first-flight.sony.com

赤外線・学習リモコンですが、操作画面のカスタマイズをiPhoneで行えたりします。

よく使うボタンの手前に持ってきたりとカスタマイズ性の高さが利点。

Bluetoothクレードルが付属したことで、Bluetooth対応機器・例えばPS4などもコントロールできるようになりました。

f:id:t-proof-35mm:20170718003508j:plain

Pi caseの4倍ぐらいの値段がしますが、赤外線学習リモコンを極めたカタチかも。

 

 

____________________

Iniegogoは米国のクラウドファンディングサイトですが、日本からも出資可能です。

www.t-proof-air-gadget.net

 

そもそもクラウドファンディングって何? という方はこちら。

www.t-proof-air-gadget.net

 

 ___________________

私はこれらのクラウドファンディングの出資を、各ポイントサイトで得られたポイントを現金化して補っていることがあります。

ポイントサイトって何?という方はこちらをどうぞ。 

www.t-proof-air-gadget.netwww.t-proof-air-gadget.net

 ポイントサイトのポイントはTポイントに交換して、こういった使い方も出来ます。

www.t-proof-air-gadget.net 

________

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中