ANAマイルとガジェットがこわい。円盤もね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ANAマイルへの交換・利用、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

深夜のANA国内線 最終便 HND-KKJ 、スターフライヤー搭乗機。

15年越しの憧れは期待通りに快適でした。

 

羽田 22:00発のANA国内線最終便に搭乗してきました。

とある平日の夜21時、私は人の流れに逆らうように品川から京急に乗って羽田に向かっていました。

蒲田までは人が結構いた車内もほぼガラガラになり、いても国際線利用の為に大きなスーツケースを持った人がほとんど。

ターミナルの表示も全便運行終了の文字が表示され、業者さんの掃除が始まってました。。。

f:id:t-proof-35mm:20171119065311j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171119102926j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171119103007j:plain

そんな中でもポツンと一番端っこのターミナルと保安検査場だけが明かりが灯ってました。

f:id:t-proof-35mm:20171119103428j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171119103344j:plain

 

そう、ANAとコードシェア便を運行しているスターフライヤーを利用してきました。

f:id:t-proof-35mm:20171119071026j:plain

航空会社スターフライヤー(SFJ)公式サイト

スターフライヤーは路線ごとに羽田空港のターミナルが違い、福岡と北九州行きはJALがメインのターミナル1から出発します。

f:id:t-proof-35mm:20171119103801p:plain

f:id:t-proof-35mm:20171119205712j:plain

ちなみに、ANA3893として予約したのはSFJ93 北九州行ですが、もう1本遅い22:55発 SFJ95(ANAコードシェアなし)もあり、コレが国内線としてはおそらく最も遅い運行便になります。

 

憧れだったスターフライヤーの黒い機体

1990年代からの新規航空会社参入の中では、少し遅れ気味に2006年に運行を開始したスターフライヤーは当初、北九州空港ー羽田間の運行しかなく、あまり北九州と仕事の縁がない私にはやや縁がない航空会社でした。*1 

ただ黒いモダンな機体デザイン、革張りのシート、ゆったりとしたシート間隔など大いに惹かれるところがありました。

またのりさん (id:norikun2016)が書かれているように、8年連続の顧客満足度1位というのも期待を大きくさせてくれました。

www.seize-one-world.com

今回、機会があり、ようやく15年越しに搭乗することが出来ました。

 

さて、機内へ。

f:id:t-proof-35mm:20171119213026j:plain
f:id:t-proof-35mm:20171119213038j:plain

保安検査場を終えて、ターミナル内へ。

ターミナル内のお店も全てのお店が閉まっています。

 

黒いモダンな制服のCAさんに迎えられて機内へ。

f:id:t-proof-35mm:20171119213050j:plain

革製のシートが高級感を醸し出します。

f:id:t-proof-35mm:20171119213102j:plain

プレミアムクラスの設定はありませんが、全席が足元ゆったり設計。

f:id:t-proof-35mm:20171119213112j:plain

前から2番目の2Cへ。

覚えている限りでも、前後の列には1A、2F、3Dぐらいにしかお客さんがいなく、結構空席が目立ちました。

予約時の座席指定の際には前の席はほぼ選択出来なかったのですが、搭乗の数時間前には空席の方が多くなってました。

私はお仕事として当日キャンセルも可能なビジネスリピートとして予約していたのですが、同じような予約をしているビジネス客が当日キャンセルしているのかもしれませんね。

f:id:t-proof-35mm:20171119213124j:plain

国内線にしては珍しく、全席にUSBポートと、席下にコンセント、大型モニターがありました。

モニターでは機内エンターテイメントとしてTVニュースの録画放送やドキュメンタリなどが見れます。

www.starflyer.jp

尚、機内エンターテイメントは国際線などのような、各モニタでスタートしたい時にいつでも最初から見ることが出来るオンデマンド方式ではなく、離陸数分後のサービススタートともに機内で一斉にスタートする方式でした。

その為、ニュースを見てからVariety Show / よしもと を見た際にトータルテンボスの漫才のオチから見るという事態に・・・(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

f:id:t-proof-35mm:20171120065822j:plain

ハンパねぇ!

 

また機内販売なども充実していますが、ANAと違ってカードや電子マネー支払いができず、現金のみですので御注意を。

(その為にちょっとキーホルダーとツールボックスに興味があったのですが、買えなかった・・・)

f:id:t-proof-35mm:20171120071602j:plain

また夜遅くの便だったので、声かけなども少なかったですが、むしろその気遣いがありがたかったです。

足元広々、横が空席、22時便と要素が揃いすぎて、機内でぐっすりでした。。。

 

f:id:t-proof-35mm:20171119213155j:plain

2時間弱のフライトを終えて23:50北九州空港着。

黒い機体が夜に映えますね。

 

お土産いただきました。

f:id:t-proof-35mm:20171120071900j:plain

スターフライヤーの羽田ー福岡線はこの10月29日からターミナルが変更になりました。

その案内を行う為になのか、それを知らせるシールを到着時にCAさんが全員に配っていました。

f:id:t-proof-35mm:20171120071916j:plain

その後、出張でカバンの奥底にしまわれてぐちゃぐちゃになってしまった写真で申し訳ありません・・・(T T)

このシール配布はアナウンスは公式ホームページとかにはないのですが、ちょっと嬉しい。

ただ粘着力が弱いのか、ぐちゃぐちゃになったせいか、トランクに貼って数日で剥がれ落ちてしまいました。

福岡線ではない北九州線の利用でもいただけましたので、全路線で配っているのかもしれませんね。

f:id:t-proof-35mm:20171120072448p:plain

利用した羽田ー北九州以外にも、羽田ー福岡、羽田ー山口宇部、名古屋(中部)ー福岡、羽田ー関西にも運行しています。

ANAとのコードシェアも多く、例えば今回利用した羽田ー北九州線で言えば11運航のうち、10便が共同運行です。

(平たく言えば、22:55羽田発の最終便のみがスターフライヤー単独運航です)

ですので、ANAとして予約すればANAマイルも貯まります。

 

皆さんも機会があれば、一度利用してみて欲しいと思うほど、足元ゆったりのエコノミーは快適でした。

 

意外と便利な北九州空港

さて、23:50に北九州空港に着いても、その後が困るのでは?と思いますよね?

調べる前は私もそうでした。

でも、意外と便利というのを感じました。続きはこちら↓

www.t-proof-air-gadget.net

 

 

よろしければ投票・応援として、はてなブックマークへの登録とともに下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

 

*1:今回は特別。

どーーーーーーしても九州のお客さんのところに朝早くに訪問する必要があり、前日のうちに可能な限り近くまで移動してくれと言われて利用しました、、、

結局、夜20時に静岡を出てから、羽田、北九州、小倉、博多と経て、お客さんのところに9時に到着するまでほぼ移動しっぱなし・・・小倉のホテルなんて4時間しか居なかったし・・・ネットカフェでよかったんじゃねーの?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾