ガジェットこわい。

ガジェット記事を中心に、時々Blu-ray、ポイントサイト、空旅、電子書籍の話題も。

体温+太陽光で発電、電気切れナシ! スマートウォッチ Matrix 2、大幅アップグレード!

MATRIX2といっても、リローデッドではありません。

f:id:t-proof-35mm:20190114193246j:plainマトリックス リローデッド [Blu-ray]

 

体温で発電するスマートウォッチ MATRIXがアップグレード!

1年半ほど前に自動巻機能付きのSEQUENTと体温で発電するMATRIXと2つの充電いらずのスマートウォッチをご紹介しました。

www.t-proof-air-gadget.net

今回、体温で発電するMATRIXが、新バージョンMATRIX2としてIndiegogoに登場しています。

 

体温+太陽光発電で充電量UPを生かして隙のない進化へ。MATRIX2

f:id:t-proof-35mm:20190114174124j:plain

Smartwatch Powered by You - MATRIX PowerWatch 2 | Indiegogo

  • 新たに太陽光発電機能を追加。
  • 体温(正確には外部と体温の温度差)を用いた初代MATRIXの機能はそのまま。 *1
  • これにより、むしろ寒冷地ほど発電効率が良く、熱帯だと発電効率が悪かった初代の欠点を補い、まさに充電要らずに。
  • 充電量が上がったことで、常時駆動が可能に。(初代では腕から外すとスリープになっていた)
  • また充電量増加により、初代のモノクロからカラーディスプレイに変更。
  • 新たにGPS、光学式心拍数計を搭載。

と隙のない進化を遂げています。

Indiegogoにて2月6日までの残23日間、出資受付中。

今なら1個$249+送料にて出資可能。

既に目標額$100,000-を大きく超えて、1130%の$1,131,945を達成しているので、プロジェクト自体は成立済みです。

 

前のプロジェクトが達成し、既にプロトタイプがあるという安心感。

このプロジェクトのアドバンテージは、何よりも初代MATRIXの量産販売に成功しているということですね。

 *2

 その上で、今回のMATRIX2も絵空事ではなく、既にプロトタイプが完成していて、その動画が公開されています。

 玉石混合、中にはコンセプトだけは大きく取り上げて未達で終わるプロジェクトも多い中で、この実績は大きなアドバンテージだと思います。

 

SEQUENT watchも製品化完了、販売中

なお、その1年半前にMATRIXとともにご紹介した、自動巻アナログ時計付スマートウォッチSEQUENTも製品化に成功して販売されています。

sequentworld.com

日本からも送料無料で購入可能で、住所選択では国を「JAPAN」とすると県名がプルダウンで選べるようになってます。

f:id:t-proof-35mm:20190114172921j:plain
f:id:t-proof-35mm:20190114172937j:plain

ただ、1月中は全品半額!と書いてあるのですが、、、

Kickstarterで謳っていた市販予定価格が$400台だったのに比べて定価が$700近辺となっていて、ちょっと詐欺っぽいのが気になるところですね。笑

 

出資方法

 

Smartwatch Powered by You - MATRIX PowerWatch 2 | Indiegogo は米国クラウドファンディングサイト Indiegogoで出資募集中のプロジェクトですが、日本からも出資可能です。

www.t-proof-air-gadget.net

 

そもそもクラウドファンディングって何? という方はこちら。

www.t-proof-air-gadget.net

 

私はこれらのクラウドファンディングの出資を、各ポイントサイトで得られたポイントを現金化して補っていることがあります。

ポイントサイトって何?という方はこちらをどうぞ。 

www.t-proof-air-gadget.net

 


________

よろしければ投票・応援として下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

*1:この温度差がある方が高効率というのがある為にデモムービーは冬山撮影?

*2:ちなみに、初代MATRIXの日本販売価格はサイトによりますが、それでもどれも3万超えですので、今IndiegogoでMATRIX2を支援する方が機能は充実していて更に安いということになります。

ま、あくまでも出資ではあるので、失敗したらそのお金は返ってきませんが、そういう先行投資に踏み切れるかどうかもクラウドファンディングの醍醐味でしょうか?