ガジェットとBlu-rayがこわい。ポイントもね。

ポイントサイトで得たポイントを元手に、ガジェット・Blu-rayの購入資金に充てています。それらの情報、人柱記を更新中!

eBookJapanの電子書籍を安くお得に購入する方法(2018年4月)

電子書籍購入時のお得な入手方法です。

 

電子書籍の便利さ

書店にある「紙」書籍ではなく、スマホやタブレット、PCなどの画面で読める電子書籍も最近増えてきました。

vdata.nikkei.com

 

私も昔は紙の本至上主義だったのですが、いくつかの電子書籍ストアを使っていくうちに利点の方が目立つようになり、あっさりとハードルが下がっていきました。

  1. 嵩張らない。 本が何冊でもスマホやタブレット1台で済むので本棚スッキリ。
  2. 廃棄物削減。 漫画雑誌など古紙の発生がありません。
  3. いつでも買える。 深夜に読みたくなっても本屋に行かずにすぐ買えます。
  4. いつでも読める。 専用アプリなどのある電子書籍ストアであれば、書籍をダウンロードしておけば、いつでもどこでも読める。(機内でも台湾でも)
  5. 秘匿性。 まだ小さな子供達には早いバイオレンス系、ラブロマンス系の本を見せずに済む。(18禁を買いあさっているわけではない(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾)
  6. 価格が自由で値下げ・還元がある。 紙書籍では文化保護の観点もあり、再販売の時も同一価格(定価売り)を維持しなければならない再販制度があります。 一方電子書籍ではその対象外なのか、または印刷・流通などのかかるコストが抑えられるのか、値下げ・またはそれに相応する電子書籍ストアのポイント還元が得られる。 

私が思う電子書籍のネック

電子書籍でも便利でないところもあります。

  1. 電子書籍ストアそれぞれがストアや専用アプリを準備している為、共有できない
  2. 書籍ストアによっては月額会員を継続しなければ、購入した書籍が見れなくなってしまう。
  3. ネット上のクラウドに本棚があり、毎回のネット接続を要求される。
  4. 紙書籍の売上、街の本屋重視の為なのか、電子書籍は紙書籍より遅れて販売されることがある。(これは出版社側の意向なので不可避。。。)

そんな試行錯誤を経た上で、私が最もオススメしたいのはeBook Japanおよびそのデータを用いているポイントサイト内電子書籍サイトの有効活用です。

 

eBook Japanとは?

Yahoo系列の電子書籍販売サイトです。

この本家eBookJapan自体でも独自のポイント還元があり、得られたポイントは次回以降の電子書籍購入時の代金に充てることができます。

それ以外にポイントサイトが運営している書籍販売サイトに電子データを提供しているらしく、~ by eBook Japan という表記がちらほら見受けられます。

これらの利点は、いずれの方法で購入した電子書籍であっても、「クラウド連携」を行うことでeBookJapanの電子書籍リーダーアプリ ebibook 1つで本棚をまとめることが出来て、電子書籍の購入サイトごとに種々様々なアプリに散らばらずに済むということ。

電子書籍・コミックリーダー ebiReader

電子書籍・コミックリーダー ebiReader

  • eBOOK Initiative Japan Co.,Ltd.
  • ブック
  • 無料

 この利点により、その都度お得なポイントサイトを渡り歩くことができるというのが、私がeBookJapanに固執する理由です。

 

「クラウド連携」で本棚を1つに。

eBookJapanとハピタス堂書店by eBookJapanの連携には、2つのメールアドレスを用いて以下の手順が必要です。

  1. eBookJapanのIDを取得する
  2. ハピタス内のハピタス堂書店 by eBookJapanのIDを1とは別のメールアドレスを用いて取得する
  3. ハピタス堂書店の「マイページ」→「クラウド本棚連携」に1のIDを入力する
  4. アプリ 電子書籍・コミックリーダー ebiReaderには1のIDでログインする

これにより、eBookJapan、ハピタス堂書店のいずれで購入しても自動的に電子書籍・コミックリーダー ebiReaderに表示されます。

 

ポイントサイトを併用するとお得に。

例えば、ぽい得サーチ~ポイントサイト横断リアルタイム検索、比較~で「eBookJapan」と検索してみます。 

f:id:t-proof-35mm:20180423233549p:plain

ポイントサイトハピタスを例にすると、3%還元と2.4%還元の表記があります。

f:id:t-proof-35mm:20180424000155p:plain

この3%還元の方はポイントサイト ハピタス内で運営されている「ハピタス堂書店 by eBook Japan」の利用時の還元率、2.4%の方はポイントサイト ハピタスを経由してeBookJapanを利用した場合の還元率です。

ちなみに「ハピタス堂書店 by eBook Japan」が3%還元となっているのは、ハピタス堂書店で紙書籍を購入した際の還元率で、電子書籍であれば10%還元です。

f:id:t-proof-35mm:20180423002759j:plain

 

ポイントサイトを横断する理由

では、ハピタス堂書店 by eBookJapanはかなりの長期で10%還元を続けています。

だったら、ハピタス堂書店だけを使用すればいいのでは?というのは合ってます。

そうすると、ハピタスポイントだけが貯まり、効率的です。

 

それでも、他のポイントサイトを併用しているのは、以下の理由です。

  • 本家eBookJapanには、次回の電子書籍購入時に充足できる独自のポイント制度がある。
  • eBookJapanだけが行なっていて高ポイント還元や値引きキャンペーンが時々行われる。(ハピタス堂書店 を含む ~by eBookJapan系のサイトではそのキャンペーンを行なっていないことがある。)
  • その際、eBookJapanの方を利用しようとすると、ハピタスでは2.4%還元に留まるけれど、他のポイントサイトではそれより高還元なことがある。
  • 例えばポイントサイト PONEY や すぐたまであれば、本家eBookJapanでのポイント還元+10%の各ポイントサイト還元の二重取り出来るのが利点。

 

面倒ならば、ハピタス一択もよし。

購入前に、ぽい得サーチ~ポイントサイト横断リアルタイム検索、比較~で「eBookJapan」と検索して、その時々の還元率が高いポイントサイトを使うもよし。

いずれにせよ、本来は定価販売の書籍が実質10%OFFになるのであれば、いずれかのポイントサイトを利用しない手はないと思います。

購入した書籍は1つのアプリで管理できて便利ですよ。

 

 

よろしければ投票・応援として、はてなブックマークへの登録とともに下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中